ながら運転のハンズフリー(インカム)通話は違反!?罰則を完全網羅!バイクはどうなの?

2019年12月1日から改正道交法が施行され、“ながら運転”の罰則が強化されました。スマホを見ながら運転するなど、いわゆる“ながら運転”による事故増加に対応したもの。

たとえば、運転中に携帯電話を手に持って(保持して)通話したりスマホ画面を注視したりすると、違反点数はこれまでの1点から3点に、反則金は普通車で6,000円から1万8,000円、二輪車で6,000円から1万5,000円(原付は5,000円から1万2,000円)に大幅に引き上げられた。

さらに、ながら運転によって事故を起こすなど「交通の危険を生じさせる行為」をした場合は同様に2点から6点となり、運転免許の停止処分に加え刑事処分の対象となる。

「ながら運転」のハンズフリー通話は違反なの!?2019年12月1日からの罰則を完全網羅!

ぜひご覧下さい!

スポンサーリンク

ながら運転のハンズフリー(インカム)通話は違反!?罰則を完全網羅!バイクはどうなの?

引用元:https://news.yahoo.co.jp/pickup/6344702

“ながら運転”とはどういった状態を示すのでしょうか。

携帯電話を手に持って通話するのはもちろんNGですが、スマホの場合は運転中に手に持っているだけでNG、また持っている持ってないに関わらず画面を直視するのもNGになります。

つまり、スマホ用ホルダーなどに固定していたとしても画面注視はダメで、カーナビなどの画面表示モニターもNGということになります。

そもそも注視はどういう状態なのか。警察庁の見解としては「画面を2秒以上見る」ことが該当するようです。

ただ、ストップウォッチで計測するわけではないので、その辺りの判断は取締りをする現場の警察官の判断によることになります。

つまり、ジッとはダメだけどチラ見程度なら許されるということでしょうか。また、信号停止中であれば運転中ではないので除外されるとのことですが、これも渋滞でストップ&ゴーを繰り返している状態ではNGになるようです。

まとめると、運転中は固定された状態のスマホやカーナビに表示されるマップなどを一瞬見る程度なら許されるということでしょう。それ以外は機器を「手に取る」「触る」「見続ける」などすべてアウトということになります。

インカムの操作については微妙か!?

ではバイクの場合はどうか。基本的にはクルマと同じで運転中にスマホやカーナビを操作したり注視するのはNGとのこと。

どうしても道順を確認したいときなどは、安全な場所にバイクを停車させて行うしかありません。また、判断が難しいのはインカムの操作です。

クルマでもハンズフリー通話は基本的にオーケーですが運転中に機器を手でいじったりするとNGなので、バイクでもヘルメットに装備されたインカムのスイッチなどを運転中に手で操作するのは違反と見なされるケースも出てくるかもしれません。

まあこれも程度問題であり、たとえば厳しくしていくと運転中にミラーのずれをちょっと直したり、最近では電子制御化されたライディングモードの設定画面を見るのもNGということになってしまいます。

警視庁にも問い合わせたところ、「ハンズフリー機器に一瞬タッチしたり、インカム機器のスイッチを押すだけなら問題なし」という事でしたが、「メーターであっても画面を注視すると違反の可能性あり」とのこと。

要点としては運転中に機器を手に持っている状態(保持)だと完全にアウトということでした。

この「ながら運転」は、これからかなり問題になってきそうですね。

「見てない」「触ってない」「2秒以内だった」と文句を言う人や警察と対立する人も数多く出てくることでしょう。

確かにスマホを手に持って運転してるのは危ないと思いますが、違反の判断がより難しくなっていくのは目に見えてわかります。

2秒以上画面を見ていたという警察のジャッジが今後注目されることでしょう。警察も見ていた証拠を見せない限り、切符を切れないですからね!

罰則によって今後どう変わっていくのか?そして事故は減っていくんでしょうか?

自分はバイクに乗っています。スマホホルダーを付けているんですが、使用していません。これからはスマホをつけての運転はやめといた方が良さそうですね。

スマホを付けてなければ「ながら運転」の違反は絶対ないので安心ですしね!

しかし、この「ながら運転」の違反の曖昧さが納得してない今日この頃です。

皆さんも気をつけて運転して下さいね!

スポンサーリンク

まとめ

2019年12月1日から改正道交法が施行され、“ながら運転”の罰則が強化されました。スマホを見ながら運転するなど、いわゆる“ながら運転”による事故増加に対応したもの。

たとえば、運転中に携帯電話を手に持って(保持して)通話したりスマホ画面を注視したりすると、違反点数はこれまでの1点から3点に、反則金は普通車で6,000円から1万8,000円、二輪車で6,000円から1万5,000円(原付は5,000円から1万2,000円)に大幅に引き上げられた。

簡単に結論を言うと・・・

車、バイクに乗ったら、運転に集中する!

何も見ない事で違反は防げます。カーナビなんかは音声もありますし、画面を見なければいい話です。

バイクに関してはインカムでの会話は基本違反にはならないと言う事なので、スマホをいじる時は、停車して見ればOK!

確かにながら運転による事故は多発しております。

皆さんも気をつけて運転して頂ければと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます!

スポンサーリンク

関連記事は下を見てね!

シェアする

フォローする

スポンサーリンク