加藤孝造のwikiプロフィールや経歴は?人間国宝の陶芸の購入方法や値段はいくら?

加藤孝造のwikiプロフィールや経歴は?人間国宝の陶芸の購入方法や値段はいくら?と気になる事が多いですよね?

人間国宝になるまでには、色々とご苦労された事でしょう?

そんな加藤孝造さんとはどんな人物なんでしょうか?

そして気になる購入金額や方法はどうすればいいのでしょうか?

調べてみましたので、ぜひご覧下さい!

スポンサーリンク

加藤孝造のwikiプロフィールや経歴は?

引用元:http://www.minomomoyamato.jp/sp/06/index.cfm

プロフィール

名前        加藤孝造(かとうこうぞう)

生年月日      1935年 昭和10年3月12日

経歴

昭和後期-平成時代の陶芸家。

昭和26年岐阜県陶磁器試験場にはいり、5代加藤幸兵衛にまなぶ。37年日本伝統工芸展初入選。41年日本工芸会正会員。

43年「鉄釉(てつゆう)花器」で日本伝統工芸展朝日新聞社賞。45年多治見市に穴窯を築き独立。同年荒川豊蔵に師事。平成2年美濃陶芸協会会長。

21年日本陶磁協会賞金賞、同年瀬戸黒・志野・黄瀬戸の制作・伝承で伝統文化ポーラ賞優秀賞。22年瀬戸黒で人間国宝。岐阜県出身。

1935年    岐阜県瑞浪市生まれ。

1953年    荒川豊蔵に師事。岐阜県重要無形文化財保持者。岐阜県陶磁器試験場に勤務して主任技師として活躍する傍ら、自らの作 品も制作して、各展覧会に出品・入選を続ける。

1954年    日展(洋画)初入選。

1955年    岐阜県陶磁器試験場工芸科主任技師。

1963年    社団法人美濃陶芸協会設立に際し理事となる。1990年~1997年第二代会長を務め、その後、名誉会長を経て、2009年より名誉顧問。

1966年    日本工芸会正会員に就任。

1967年    朝日陶芸展で「鉄釉壺」が優秀賞を受賞。

1968年   「鉄釉花器」で第15回日本伝統工芸展朝日賞を受賞。

1969年    第1回東海伝統工芸展最高賞受賞。

1972年    可児市久々利平柴谷に穴窯と登窯2基を築き、桃山の陶芸技術の追求に努める。

1985年    日本陶磁協会賞受賞。

1994年    東海テレビ文化賞受賞。後、賞歴多数。

1995年    志野、瀬戸黒の技法で岐阜県指定重要無形文化財に認定。

1998年    中日文化賞を受賞。

1999年    可児市の陶房に古民家を移築し「風塾」を創設。

2007年    紺綬褒章受章。

2010年    瀬戸黒の技法で、国指定重要無形文化財保持者に認定。

瀬戸黒(せとぐろ)とは・・・

桃山時代、美濃で焼かれた、引き出しの技法による総黒のやきもの。

その名を「美濃」ではなく「瀬戸」とするのは、桃山時代の畿内においては、美濃窯と瀬戸窯とを区別せず、両者併せて「瀬戸」と理解していたことによる。

漆黒茶碗が茶人に好まれたため、瀬戸黒はほとんど茶碗しかない。

その独特の漆黒は、焼成中に釉薬の溶け具合を見計らい、鉄製の長いはさみで引き出して常温まで急冷させることにより、釉薬中に含まれている鉄分が黒色化して生まれたもの。

別名として、その技法から「引き出し黒」、天正年間(1573~1593)より焼かれたことから「天正黒」とも呼ばれる。

スポンサーリンク

人間国宝の陶芸の購入方法や値段はいくら?

引用元:https://mainichi.jp/articles/20160615/ddl/k21/040/241000c

人間国宝の陶芸の購入方法や値段はいくら?と気になる方も多いはず!

購入方法を調べたところ、オンラインショップがありました。そのオンラインショップのリンクを下に貼っておきますのでぜひご覧になってみて下さい!

加藤孝造のオンラインショップはこちらから

そして、ヤフオクでも販売されています!こちらもリンクを貼っておきますね。

加藤孝造のヤフオクはこちらから

値段は高いものだと、30万円を超えるものから数千円で買えるものまで、様々ですが、数千円のものは本物かどうかわかりませんね。なんか怪しいです・・・

人間国宝と言われる人の陶器が数千円ってあり得ませんよね?購入の際は慎重によろしくお願いしますね。

オンラインショップで購入する方が本物だと思いますので、先ほども言いましたが、慎重に検討してみて下さい!

偽物を買わされたらショック大きいですからね!お気を付けて購入して下さいね。

スポンサーリンク

まとめ

昭和26年岐阜県陶磁器試験場にはいり、5代加藤幸兵衛にまなぶ。37年日本伝統工芸展初入選。41年日本工芸会正会員。

43年「鉄釉(てつゆう)花器」で日本伝統工芸展朝日新聞社賞。45年多治見市に穴窯を築き独立。同年荒川豊蔵に師事。平成2年美濃陶芸協会会長。

21年日本陶磁協会賞金賞,同年瀬戸黒・志野・黄瀬戸の制作・伝承で伝統文化ポーラ賞優秀賞。22年瀬戸黒で人間国宝。岐阜県出身。

購入方法や金額について調べてみたので、参考にしてみて下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございます!

スポンサーリンク

関連記事は下を見てね!

シェアする

フォローする

スポンサーリンク