秋元里奈は彼氏いるの?経歴や年収がヤバイ!?ビビットガーデン、食べチョクとは?

秋元里奈は彼氏いるの?経歴や年収がヤバイ!?ビビットガーデン、食べチョクとは?と気になりますよね?

秋元里奈さんの数々の経歴やどんな人物なのかを調べていきたいと思います。

社長としての年収も非常に気になるところです。

そんな秋元里奈さんとは・・・

ぜひご覧下さい!

スポンサーリンク

秋元里奈のプロフィールと経歴を紹介

引用元:https://www.kandc.com/turning-point/v020/

プロフィール

名前        秋元里奈(あきもとりな)

生年月日      1991年1月21日

出身地       神奈川県相模原市

会社        株式会社ビビットガーデン社長

経歴

2009年、神奈川県立相模原高等学校を卒業。

2013年、慶應義塾大学理工学部管理工学科を卒業。ディー・エヌ・エーに入社。

2016年11月29日、農業支援ベンチャー「ビビッドガーデン」を創業

2017年5月23日、農業の流通における課題を解決する「食べチョク」を開始(ウェブ版のファーマーズマーケット)。

2017年11月18日、青山スタートアップアクセラレーションセンター(ASAC)第4期デモデイにて、オーディエンス賞を受賞

2018年4月11日、第4回日本ネット経済新聞賞を受賞

2018年11月13日、飲食店向けの新サービス「食べチョクPro」を開始

スポンサーリンク

秋元里奈は彼氏はいるの?年収がヤバイ!?

引用元:https://careerhack.en-japan.com/report/detail/1061

秋元里奈は彼氏はいるの?と情報を調べてみたのですが、彼氏情報はありませんでした。仕事が忙しいんでしょうかね?

なんせ社長ですからね!やることが多すぎて彼氏どころではないんでしょうね。

ビビットガーデンを創業してまだ3年も立っていません。やることが多い事でしょうし、これからの会社ですからね。

今は仕事に集中する時だと思いますので、もう少し会社が軌道に乗ってから、彼氏や結婚といったことを考えていくんでしょうね。

秋元里奈さんはとても笑顔が良く、可愛らしい方なので、すぐ彼氏はできることでしょう。

そして年収についてですが、これが結構驚くべき数字です。いくらだと思いますか?

女性事業主7.6万人回答のうちなんと年収100万円未満は69.1%です。

個人事業、会社経営をしている男性経営者平均年収272.7万円に対して、女性経営者の7割が100万円未満の年収という結果です。

現実女性起業家の年収は厳しい感じですよね?秋元里奈さんの年収はもっとあるとは思いますが、300万円行かないのがほとんどです。

恐らく秋元里奈さんの年収は500万円〜600万円くらいは貰っていると信じたいですが、実際は360万円だという。

「食べチョク」というネットを活用したビジネスなので、これくらいの年収はあると思いますね。

さらに軌道に乗ってくれば、1000万円も夢ではないと思います。

頑張って頂きたいですね。応援しています!

スポンサーリンク

秋元里奈のセブンルールとは

ただのTシャツを着てるよりも、「食べチョク」のTシャツを着ていた方が、宣伝になるという。

平日は事務所で10人のスタッフとコミュニケーションを取って、休日の土日に農家に回っているという。

出張費を抑えるために、夜行バスを使用。丸くなって寝ることに苦痛を感じないという。

事務所で食事をほとんどしていて、野菜の素材がいいので、味付けは塩コショウのみ!

オードリーの若林の顔が好きという情報ですが、今はQueenファンで、疲れた時はQueenを歌うという。

人と人の繋がりで、仕事での会食だったら経費で落ちるものです。しかしそこは領収書をもらわないという徹底ぶり!

上場したら、「食べチョク」Tシャツは着ない!それまでは「食べチョク」Tシャツで頑張るという。

自分たちが早く上場しないと農家の人たちにとって意味がないという信念でやっています。どうにか農家の人たちにとっていい環境を作っていきたいんでしょうね!

素晴らしい活動をされています。本当に応援したいですね!

スポンサーリンク

ビビットガーデン、食べチョクとは?会社概要を紹介

引用元:https://vivid-garden.co.jp/

あなたがスーパーで手にとる野菜。生産者にいくら還元されるかご存知でしょうか。

生産者の取り分は、小売価格の約3割。そこから人件費などの生産コストが引かれるため、
利益になるのはごくわずかです。

規模の小さい生産者にとって既存流通は手間がかからない反面、利益が上げづらい仕組みになっています。

「利益率の高い、他の選択肢があっても良いのではないか」それがビビッドガーデンの提案です。

これまでの産直サービスと異なり、生産者が直接農作物を発送するサービスです。

もしかしたら、手紙が入っているかもしれません。野菜が新聞紙に包まれているかもしれません。

不恰好な野菜も入っているかもしれません。生産者の「ひととなり」を直接感じると、料理はもっと美味しくなります。

お店のこだわりに合わせて最適な農家をコンシェルジュがご提案し、手間なく“農家直送“食材をお取り寄せできる、こだわり飲食店向け仕入れサービスです。

・サラダ用食材をオススメしてほしい
・特定地域の食材を探している
・土を落として送ってほしい

など、細かい要望にも可能な限り対応します。

秋元里奈さん(28歳)。もともと、おしゃれが大好きなOLだった彼女。毎日自社Tシャツを着てまで、情熱を注ぐのは「農業」だ。

「農家を稼げる職業にしたい」という思いを胸に、25歳でDeNAを退職。農家直送で野菜を届けるECサイト『食べチョク』を立ち上げた。

農家の人たちが少しでも多くの利益を残せるように立ち上げた「食べチョク」は農家の人たちにとって救世主となる!

会社名株式会社ビビッドガーデン
( 英文名 : vivid garden Inc. )
設立平成28年11月29日
代表代表取締役 CEO 秋元 里奈
事業内容こだわり農作物のオンライン直売所「食べチョク」、飲食店むけ直送食材仕入れサービス「食べチョクPro」の開発・運営
資本金4,200万円(資本準備金を含む)
メールアドレスinfo@vivid-garden.co.jp
事務所〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-32-4

スポンサーリンク

まとめ

農家のみなさんが、いかに利益を残せるかを考えられた「食べチョク」を運営している秋元里奈さんの今後の活躍が期待されます。

まだ会社を立ち上げて3年立っていない新しい会社ですが、ネットを駆使したっとてもいい会社だと思いますので、頑張って頂きたいですね。

さらに軌道に乗ったら、彼氏や結婚の話も出てくるかもしれませんね?

とにかく身体に気をつけて、頑張って下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございます!

スポンサーリンク

関連記事は下を見てね!

シェアする

フォローする

スポンサーリンク