野田あすかのwikiプロフィールは?発達障害のピアノに涙!?生きる喜びとは?【金スマ】

野田あすかのwikiプロフィールは?発達障害のピアノに涙!?生きる喜びとは?【金スマ】と気になる事が多いですよね?

二ノ宮知子さん原作の大人気漫画「のだめカンタービレ」はドラマや映画化もされましたね。

実は、主人公の野田恵(のだめ)には、実在のモデルがいます。それが、野田あすかさんだと言われています。

確かに名字も同じ「野田」ですね。

しかし、ネットの情報によると、福岡在住の「野田めぐみ」さんという音大生の方がモデルという説が書いてありました。

「野田めぐみさん」は、作者の二ノ宮さんのブログに「のだめ」というハンドルネームでした。

野田めぐみさんが散らかっている部屋でピアノを演奏している画像に興味を持った二ノ宮知子さんが、取材をして「のだめカンタービレ」が完成しました。

そんな野田あすかさんとはどんな人物なのか・・・

ぜひご覧下さい!

スポンサーリンク

野田あすかのwikiプロフィールは?

宮崎県在住の発達障害(自閉症スペクトラム障害)を抱えるピアニスト

1982年生まれ(2019年9月現在37歳)4歳の頃より音楽教室に通い始め、やがてピアニストの道を志すようになる。

子どもの頃から人とのコミュニケーションがうまくとれずたびたび特異な行動をとり、それが原因でいじめを受け自傷行為が始まり、転校を余儀なくされる。

憧れであった宮崎大学に入学するも人間関係によるストレスで過呼吸発作を起こし、たびたび倒れて入退院を繰り返し大学を中退。

家族や周囲の人は悩まされ、本人も「どうして周りの人とうまくいかないのか」悩みつづけた。

その後、宮崎学園短期大学音楽科の長期履修生となる。この頃に恩師となる田中幸子と出会い、自分の心をピアノで表現することができるようになる。

短期留学したウィーンでも倒れ、22歳で初めて発達障害であると診断された。帰国後、パニックで自宅2階から飛び降りて右足を粉砕骨折しピアノのペダルを踏めなくなるが、現在では工夫して左足で踏んでいる。

2006年、第12回宮日音楽コンクールでグランプリ並びに全日空ヨーロッパ賞を受賞。

2015年、33年間の人生を両親と共に綴った『CDブック 発達障害のピアニストからの手紙 どうして、まわりとうまくいかないの?』(野田あすか、野田福徳・恭子著、アスコム刊)を上梓。

同時に自分の気持ちを歌った「手紙〜小さいころの私へ〜」「生きるためのメロディ」を発表し、付属CDに収録。

2016年、自作曲10曲を収録したCDブック第2弾『脳科学者が選んだ やさしい気持ちになりたい時に聞く 心がホッとするCDブック』(野田あすか音楽、中野信子著、アスコム刊)を出版。

2016年、東京・銀座の王子ホールでリサイタルを開き、プロのピアニストとしてデビュー。

2017年、東京・築地の浜離宮朝日ホールをはじめ、大阪、宮崎などでもリサイタルを開催し、完売・万席の大好評を博す。

この一連のリサイタルが、チケット完売が続いたため、浜離宮朝日ホールで2日間の凱旋公演も開催された。

2017年、岩谷時子賞奨励賞を受賞。

2018年、初の全国ツアーを開催。島根公演を皮切りに、新潟、高知でリサイタルを開催し、好評を博す。

東京は、紀尾井ホールで演奏。静岡、愛知、大阪、兵庫、宮崎でも開催。再び東京での追加公演が決まった。

2018年、ビクターエンタテインメントより、CDアルバム『哀しみの向こう』でメジャーデビュー。

テレビ・ラジオ出演

2019年9月20日   TBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」

2019年5月28日   NHKラジオ「ラジオ深夜便・明日へのことば」あなたはあなたのままでいい   2015.10.08に放送された回のアンコール放送です。

2019年2月27日   NHKワールド・ラジオ日本「Plug-in Japan」

2018年11月20日   NHK総合「あさイチ」

2018月7月20日    TBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」

スポンサーリンク

発達障害の野田あすかのピアノに涙!?生きる喜びとは?

子どもの頃から人とのコミュニケーションがうまくとれずたびたび特異な行動をとり、それが原因でいじめを受け自傷行為が始まり、転校を余儀なくされる。

憧れであった宮崎大学に入学するも人間関係によるストレスで過呼吸発作を起こし、たびたび倒れて入退院を繰り返し大学を中退。

家族や周囲の人は悩まされ、本人も「どうして周りの人とうまくいかないのか」悩みつづけた。

その後、宮崎学園短期大学音楽科の長期履修生となる。この頃に恩師となる田中幸子と出会い、自分の心をピアノで表現することができるようになる。

短期留学したウィーンでも倒れ、22歳で初めて発達障害であると診断された。帰国後、パニックで自宅2階から飛び降りて右足を粉砕骨折しピアノのペダルを踏めなくなるが、現在では工夫して左足で踏んでいる。

そんな過酷な生活を送っていた野田あすかさんが作曲した曲が聴いている人の心に響き、同じような境遇に立っていた人の心を打ち、感動の涙となったんでしょうね。

野田あすかさんはピアノと出会うことにより、自分は必要とされていて、「生きてて良かった」と言っています。

自暴自棄になってしまった野田さんをピアノが救ってくれたんでしょうね。

人生って何があるか分かりませんね!

これからも感動を与え続けて下さい。

スポンサーリンク

まとめ

なりたくてなったわけじゃない発達障害。それにより、いじめがあり、自傷行為を・・・

とても辛かったでしょうね。

そんな中、救ってくれたのがピアノ。

今までの人生をピアノに表現することで、人に伝わり、感動を与えている。同じ境遇の人も少なからずいます。

胸にグッと来ますよね!

「生きてて良かった」という言葉の重みを感じます。

これからもいろんな人に勇気を与えていって頂きたいですね。

最後まで読んで頂きありがとうございます!

スポンサーリンク

関連記事は下を見てね!

シェアする

フォローする

スポンサーリンク