菊芋で快便スッキリ!?効果・効能や食べ方を完全網羅!

菊芋って皆さんご存知ですか?今回は菊芋について調べていたいと思います。

菊芋で快便!?菊芋の効果や食べ方を完全網羅!

菊芋が体に与える効果は一体どのようなものなのか?徹底検証していきたいと思います。

ぜひご覧下さい!

スポンサーリンク

そもそも菊芋って何?

引用元:https://kikuchimura.jp/?pid=98176217

キクイモは、キク科ヒマワリ属の多年草。別名はアメリカイモ、ブタイモ、サンチョーク、エルサレムアーティチョーク、トピナンブール。北アメリカ原産で、世界中に外来種として分布している。

草丈1.5〜3mと大きくなり、菊に似た黄色い花を9〜10月につけ、10月末に地中に塊茎を作る。茎や葉に小さな刺がある。繁殖力は強い。

本種と花がよく似ているキクイモモドキという植物がいる。

キクイモの和名は、菊に似た花をつけ、芋ができるために付けられた[3]。エルサレム・アーティチョークに由来する。

Jerusalem はイスラエルの都市エルサレムのことだが、この植物との関わりはない。 もと、古いイタリア語ではキクイモを Girasole Articiocco(ジラソーレ・アルティチョッコ)と呼んでいた。

「ヒマワリ・アーティチョーク」の意で、ヒマワリとは花が、アーティチョークとは味が似る。このGirasole をジルーサウルと発音して Jerusalem (ジュルーサラム)と混同し、英語で Jerusalem artichoke というようになったとする説がある。

主成分は多糖類イヌリンを含む食物繊維であり、生の菊芋には13-20%のイヌリンが含まれる。通常の芋類と異なり、デンプンはほとんど含まれない。

塊茎を食用とする。料理としては牛乳煮、バター焼き、フライ、スープ、味噌漬け、煮物など。

また、イヌリンは消化によってオリゴ糖の一種キクイモオリゴ糖(イヌロオリゴ糖)となるため、健康食品として顆粒やお茶として加工され市販されている。

さらに、飼料とするほか、果糖の原料にもされる。

スポンサーリンク

キクイモ(菊芋)の選び方

丸みがあり十分に太ったもの

引用元:https://www.budounoki.info/item/50223-01.html

外見が生姜に似ています。しっかりと栄養を蓄えて丸くなったものを選びます。

実が硬く締まったもの

菊芋は鮮度が落ち、乾燥してくるとしなびたように柔らかくなってきます。実が硬く締まったものを選びましょう。

キクイモ(菊芋)の保存方法

土を付けたまま冷蔵

菊芋はなるべく土を付けたまま冷蔵庫で保存してください。表面を水洗いしてしまうと日持ちが悪くなる上、イヌリンも減っていくようです。

長期保存するには土に埋める

菊芋は生命力が非常に強い植物で、土に埋めておくと翌春芽を出すまで自然な状態で活き続けます。

地面が凍ってしまうような地域では土を入れたプランターなどに埋め、屋内の凍らない場所に置いておきます。

冷凍保存

夏を越すような保存の場合は、土に埋めると芽が出てしまうので、菊芋の皮を剥いてから冷凍します。食べる時はサラダなど生食には向きませんが、煮物等には十分使えます。

乾燥させて保存する

生のままではなく、乾燥させて煮出してお茶にしたり水で戻して漬物にする方法もあります。

乾燥させる場合は、丸のままではなく、皮を剥いてからスライサーなどを使ってスライスしたものをさっと水ですすぎ、それをザルなどに広げて天日干しします。

完全に乾いたら保存袋に入れて冷暗所に保存します。

スポンサーリンク

菊芋の効果・効能は?

豊富な栄養素

菊芋の主成分「イヌリン」は「天然のインスリン」といわれる水溶性の食物繊維で、糖質の吸収を抑える働きを持っています。

・イヌリン
・食物繊維
・たんぱく質
・ミネラル

「芋」ではありますが、デンプンをほとんど含んでいないのが特徴です。

効能・効果について

血糖値、血圧の上昇を抑えるので、糖尿病やメタボの対策に効果的です。また、腸内で善玉菌のエサとなるため、腸内環境を整えるのにも役立ちます。

あまり食べすぎると、お腹が緩くなる方もいますので注意!

スポンサーリンク

菊芋の美味しい食べ方を紹介!

いくつかご紹介して来ましたが、どれも簡単に出来てしまいますから、ぜひ作ってみて下さいね!

スポンサーリンク

まとめ

菊芋なんて自分は知りませんでしたが、朝の情報番組の「スッキリ」で取り上げられていて、気になったので、簡単にまとめてみました。

とても簡単に調理できてしまいますので、皆様もぜひ作ってみて下さいね!

先ほども言いましたが、あまり食べすぎるとお腹が緩くなってしまいますので、控えめに!

最後まで読んで頂きありがとうございます!

スポンサーリンク

関連記事は下を見てね!

シェアする

フォローする

スポンサーリンク