【GoToトラベルキャンペーン】期間はいつからいつまで続く?申請方法は簡単?

皆さんが気になっている「Go To トラベルキャンペーン」が7月22日〜スタート致します。

新型コロナによる旅行関係や宿泊施設への支援策となっています。

簡単に言ってしまうと、旅行へ行く費用を国が一部負担します。という事です。

残念ながら東京都は除外されてしまいましたが、今後の東京のコロナ感染者が激減すれば、除外から解除されるかもしれませんので、みんなでコロナを除外しましょう!

本題の【GoToトラベルキャンペーン】期間はいつからいつまで続く?申請方法は簡単?と気になる事が多いと思いますので、検証していきましょう!

スポンサーリンク

GoToトラベルキャンペーンとは?

引用元:https://dsk.ne.jp/travel/go_to_travel_20200618.html

Go To Travel(トラベル)キャンペーン!

●開始時期
キャンペーン開始は7月22日(水)。キャンペーン対象となる商品は順次販売開始予定です。
既に予約済の場合も割引対象となるようですが、以下の諸条件から外れた場合は対象外となってしまいますので、利用予定の旅行サイトや予約商品が対象であるかどうかは、予約前に申込先予約サイトにお問い合わせください。

  • ※当初、キャンペーンスタート時には宿泊のみが先行対象とされていましたが、一部の旅行予約サイトではツアー等も初日より対象となりました

●対象期間
現在のところ明確な日付は発表されておりませんが、2月上旬あたりを予定しているとのことです。
●対象者
東京都居住者を除く旅行者
※若者または高齢者のグループは対象外となる可能性があります
●対象宿泊施設
東京都以外の全国の宿泊施設
※東京都以外であっても、政府がキャンペーン参加条件として定めた感染対策基準を満たしていない施設は対象外となる場合があります
※日帰り(デイユース)は対象外です
●対象ツアー
宿泊ツアーの場合 :東京都での宿泊を伴わない全国発着のツアー
日帰りツアーの場合:東京都を目的地としない全国発のツアー

なお、宿泊を伴う旅行の場合は
・宿泊+交通機関セット
・宿泊のみ
・宿泊に準ずるもの(クルーズ等)
が対象となりますが、日帰り旅行の場合は
・往復交通+旅行先での食事、観光体験等、旅行先での消費がセットとなったもの
が対象となります。
そのため、「往復の航空券を手配して泊まりは実家」「新幹線で日帰り出張」などは対象外です。

引用元:https://www.tour.ne.jp/matome/articles/j438/

スポンサーリンク

【GoToトラベルキャンペーン】期間はいつからいつまで続く?申請方法は簡単?

引用元:https://www.hotelwbf.com/goto/

キャンペーンの対象期間はいつからいつまで続く?

7/22~2021年(終了日未定)まで(7/27より準備の整った事業者から割引価格で旅行販売開始)とされていますが、「Go To Travelキャンペーン」の予算は約1.1兆円、宿泊旅行換算で約5,500万泊分であり、単純計算で国民1名あたり1泊以下となるため、早めにキャンペーンが終了する可能性も大いにあります。

また、国内観光需要喚起による地域の活性化という目的に照らせば、都道府県別で予算が配分されることも想定されるため、人気観光地を抱えるエリアほど早めにキャンペーンが終了する可能性も見込まれます。

「Go To Travelキャンペーン」の予算配分の方法など詳細はこれから決定されますので、その行方は要注目です。

当初はキャンペーン開始前に予約した旅行については補助の対象外とされていましたが、なんと7/10(金)の最新情報ではキャンペーン開始前に予約した旅行についても、7/22~8/31の宿泊分(9/1以降は現在未定)については旅行後の申請により割引分が還付されるとのこと。

還付手続きの詳細は調整中ですが、先に予約していた旅行者の不利益にならず安心しました。

現時点では7/22~2021年(終了日未定)まではトラベルキャンペーンはあるそうですね。

いつまで続くかは分かりませんが、コロナ感染者数の増減によって変更されるでしょう。

Go To トラベルキャンペーンの予算は約1.1兆円

宿泊旅行だけで換算しても約5,500万泊分。国民1名あたり1泊以下のため、何度も何泊も旅行を繰り返す人が思った以上に多い場合は、早めにキャンペーンが終了する可能性があります。

Go Toトラベルキャンペーンの申請方法は簡単?

申請方法については申込した先で異なってきます。割引分の還付は、旅行代金を受け取った者(宿泊施設を除く)を経由して行います。

予約サイトで予約した場合、決済も予約サイトで行っていれば予約サイトから、現地払いの場合は旅行者が事務局に申請をすることになります。

(1)旅行者から事務局への申請→以下の書類を事務局に郵送又はオンラインで提出。

・申請書(様式は事務局ホームページ・宿泊施設等で入手)
・領収書(原本)
・宿泊証明書(宿泊時に宿泊施設から入手)
・個人情報同意書(様式は事務局ホームページ・宿泊施設等で入手)

(2)事務局で書類を確認後、旅行者に還付
→口座振込、クレジットカード振込

旅行者 事務局(郵送又はオンラインを予定)

※但し、詳細は調整中であり、現在の事務局から新しい情報が入り次第更新。

申請方法については申込した先で異なってきます。とちょっと面倒臭い感じはしますね。このGo Toトラベルキャンペーンも初めての事です。

色々と改善されながら、変更していく事でしょう。

スポンサーリンク

2020年7月21日にキャンセル料補償を発表!

「Go To Travelキャンペーン」の東京発着除外により発生するキャンセル料を補償する方針を固めた、と赤羽国土交通大臣が会見で明らかにしました。

補償の対象は7/10~17の予約分。旅行事業者が既にキャンセル料を受け取り済みの場合は旅行者に返金し、政府が旅行事業者に対して「実損相当額」を補償する見通しです。

旅行ってかなり早い段階で予約入れますからね。東京都は除外された挙句にキャンセル料を取られては納得いきませんからね。

これだけ東京都でコロナ感染者が増加してしまっているので、Go Toトラベルキャンペーンから除外されるのはまだしも、キャンセル料まで払わされるのは辛いですからね。

予約された方は朗報でしたね!

スポンサーリンク

まとめ

皆さんが気になっている「Go To トラベルキャンペーン」が7月22日〜スタート致します。

新型コロナによる旅行関係や宿泊施設への支援策となっています。

簡単に言ってしまうと、旅行へ行く費用を国が一部負担します。という事です。

残念ながら東京都は除外されてしまいましたが、今後の東京のコロナ感染者が激減すれば、除外から解除されるかもしれませんので、みんなでコロナを除外しましょう!

本題の【GoToトラベルキャンペーン】期間はいつからいつまで続く?申請方法は簡単?と気になる事が多いと思いますので、検証してきました。

このGO TOトラベルキャンペーンも初の試みです。改善され、変更することも多いと思いますので、こまめにチェックして下さいね。

少しでも参考になれば幸いです。日本の経済を回しましょう!

最後まで読んで頂きありがとうございます!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク