志村けんの愛車ロールス・ロイスファントム購入者は誰で顔画像は?どんな車なの?

志村けんさんの愛車ロールスロイスファントムを売却するというニュースがありました。

13年間乗り続けた思い出深い愛車をファンの方に譲り渡しました。ファンの方はさぞかしうれしかったでしょうね?

そんな愛車ロールスロイスファントムを購入した方が気になります。

志村けんの愛車ロールスロイスファントム購入者は誰で顔画像は?値段や使い道に涙!?と話題になっています。

ぜひご覧下さい!

スポンサーリンク

志村けんの愛車ロールスロイスファントムを売却!

2020年3月29日に新型コロナウイルスによる肺炎で死去した志村けんさん(享年70)の四十九日を迎えた16日、愛車だった英国の高級車ロールス・ロイスの最高級バージョン「ファントム」を乗り継ぐ人が決まったことが分かった。ディーラーを通して買い手を募っていた。

乗り継がれる車は、2003年に発売された第7世代のファントムのブラック。新車では最低でも5000万~6000万円はする超高級車だ。

志村さんは2007年に購入し、運転手付きの移動車として使っていた。東京・銀座など夜の街で飲んでいる時は、ひときわ目立つこの車が近くに停車。多くの通行人の目を引いていた。

長く愛用していただけに、13年で走行した距離は約14万キロに及ぶ。だが正規ディーラーが定期的にメンテナンスしており、乗ったことがある人は「とても奇麗に手入れされていた」と明かした。市場価格は1000万円前後とみられる。

志村さんの親族がディーラーに売却を相談。関係者は「一般人が容易に乗りこなせる車ではないため、志村さんを支えた付き人3人の退職金代わりにと売却を決めたようです」と話している。

10人以上が購入に名乗りを上げ、その中から男性ファンが乗り継ぐことに決まった。

ディーラーの社長は16日、取材に対して「個人情報に関わることなので、何もお答えできません」と話した。関係者は分かりませんが

ファントム 英ロールス・ロイスが1929年に発売。同社を買収したドイツのBMWが2003年、第7世代を発売した。ロールス・ロイスの最高級サルーン。パルテノン神殿をモチーフにしたデザインと観音開きのドアが特徴。第7世代の総排気量は6749cc。日本の芸能人ではビートたけし、美川憲一が所有していたとされる。現在は第8世代。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200517-00000085-spnannex-ent

スポンサーリンク

志村けんさんの愛車ロールス・ロイスファントムとは?購入理由がヤバイ!?

引用元:https://kakaku.com/item/K0000287001/catalog/

1998年、ヴィッカースが所有していたロールス・ロイス (Rolls-Royce Motors) を買収したBMWは、1998年新たな自動車会社ロールス・ロイス・モーター・カーズを設立、同社として初めての乗用車として開発され、2003年から発売されたモデルが「ファントム」である。

「ファントム」は、ロールス・ロイスの最上級サルーンに使われてきた名称であり、このロールス・ロイス・モーターカーズによる「ファントム」にも、パルテノン神殿をモチーフとした大型のフロントグリルを始めとする特徴的なデザインが引き継がれた。

また、かつてのロールスロイス車にも見られたコーチドア(観音開き)が採用されている。車室内インテリアのメタル仕上げ部分には、従来の「サテン・クロム」と呼ばれるやや光沢の控えめなクロムに加えて、より透明感のある光沢に仕上げたブルー・クロムが用いられている。

市販車はV型12気筒エンジンが搭載されているが、試作段階では9リットルV型16気筒エンジンが搭載される計画であった。

しかしながら、オーバースペックという理由で却下され、3基試作されたエンジンは、ロールス・ロイスによってしばらく保管されていた。

その内の1基を、Mr.ビーンで知られる俳優ローワン・アトキンソンが、ロールス・ロイスに直接交渉し、快諾を得て、所有するファントムに載せ換えた。

当初は単一のボディバリエーション(4ドアサルーン)のみだったが、途中からホイールベースを延長し後席の空間を広げた「EWB」 (Extended Wheel Base) が追加されている。

また、2ドアクーペ (Phantom Coupé) およびオープンカー (Phantom Drophead Coupé) も追加され、標準モデルを含むとファントムは4種のバリエーションを持つことになった。

2016年2月23日、メーカーにより、年内に生産を終える計画であることが発表された。2017年1月末、最終モデルがラインオフし、生産終了となった

志村さんは13年間愛車ファントムに乗られていたという。2003年にファントムが発売されてるという事は初代のファントムに乗っていたということになります。

志村さんがロールス・ロイスファントムを購入した理由は、もしかしたらMr.ビーンさんが乗っていた事がきっかけだったのかもしれませんね?

本当に物を大事にされる方だったんだなぁ〜とつくづく感じます。

スポンサーリンク

志村けんの愛車ロールス・ロイスファントム購入者は誰で顔画像は?

引用元:https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/05/17/gazo/20200516s00041000430000p.htm

こちらが志村けんさんが乗っていたロールス・ロイス ファントムです!

めっちゃ大人な車で昔ながらの四角いフォルムで、イカツイですよね。

購入されるのは志村けんさんのファンの方だそうです。昔からのファンの方に乗ってもらえるのは、志村さんも喜ぶ事でしょう。

おそらく年代も60代くらいの方が購入されたんではないでしょうかね?この車を乗りこなせるのは若い方ではないような気がします。

購入者の顔やどんな方なのか?気になりますが、公表されていません。一般の方だと思いますし、プライベートな事なので、分かりません。

しかし、「購入したのは日本の西の方に住むファンの男性と聞いている」という事のようですね。

志村けんさんが大事に乗ってきた愛車ロールス・ロイス ファントムがこれからも走り続ける事は嬉しい限りです。

大事に乗って頂きたいですね。

スポンサーリンク

志村けんの愛車ロールス・ロイスファントムを売ったお金は?

志村けんさんが13年間乗り続けてきた愛車ロールス・ロイス ファントムは市場価格が1000万円という。

おそらくこのくらいの金額で売却されたと思います。

ロールス・ロイス ファントムを売却したお金はどうしたかというと、今まで志村けんさんの付き人をされていた方の退職金に充てられたという。

なんて志村家の方たちはいい人なんだろうと涙が出ました・・・

おそらく志村さんのお兄さんが手続きをされたと思います。普通だったら売却したお金を自分たちで保有すると思うんですが、付き人の方の退職金にしてあげる優しさ。

感動です!!

志村けんさんも望んでいた事だと思います。天国で喜んでいる事でしょうね!

スポンサーリンク

まとめ

志村けんさんの愛車ロールスロイスファントムを売却するというニュースがありました。

13年間乗り続けた思い出深い愛車をファンの方に譲り渡しました。ファンの方はさぞかしうれしかったでしょうね?

そんな愛車ロールスロイスファントムを購入した方が気になります。

志村けんの愛車ロールスロイスファントム購入者は誰で顔画像は?値段や使い道に涙!?と話題になっていましたので、調べてみました。

購入者の男性も嬉しかったでしょうね?これからも大事に乗られる事でしょう。

そして志村さんの付き人をされていた方も、志村さんの優しさに心打たれた事でしょうね?

最後まで読んで頂きありがとうございます!

スポンサーリンク

関連記事は下を見てね!

シェアする

フォローする

スポンサーリンク