小源寺亮太(ポールダンサー)のwikiプロフィールがヤバイ!?ポールダンスの歴史とは?

2019年11月10日(日)23時00分~23時30分  情熱大陸【小源寺亮太/ジャパニーズ・ポールキングが誘う、魅惑の景色へようこそ】

男性では珍しい柔軟性から繰り広げられる高度な技と、圧倒的な世界観。

ポールダンス王者・小源寺亮太が表現するのは「僕の頭の中は、ファンタジー」と自ら称する、非現実的な摩訶不思議な世界。

選曲から振り付け、そして衣装まで全てを徹底的に作り上げる世界に「神」「妖精」と崇めるファンも少なくない。

北アイルランドで開催される由緒あるポールの世界大会…作品が出来上がる過程とまっすぐに貫かれるポールへの想いを描く。

女性のイメージが強いポールダンサー。小源寺亮太とは一体どんな人物なんでしょうか?

ぜひご覧下さい!

スポンサーリンク

小源寺亮太(ポールダンサー)のwikiプロフィール

引用元:https://www.mbs.jp/jounetsu/2019/11_10.shtml

福岡県出身。学校生活に馴染めず、高校を中退して上京したのは17歳の頃。当時は芸能界に憧れ、一時は歌やダンスのレッスンに通ったこともあった。

アパレル関係の仕事をしていた10年前、偶然行ったイベントでポールダンスと出会い一目惚れ。

研鑽を重ね、2014年以降、数々の大会で優勝を重ね、名実ともにポールキングとして活躍の場を広げる。

年間200本以上のショーをこなしながら、インストラクターとしても活動し、小源寺に憧れてポールダンスを始める生徒も少なくない。

ポールダンスは“美しい身体”が命。日々柔軟を欠かさず、食事や美容にも気を遣う。

「ポールダンス」…それは天に伸びるポール一本で、重力に争いくるくると宙を舞い、見る者を異世界へと誘うダンスだ。

官能的な美を表現するものとイメージする人もいるかもしれないが、最近では、フィットネスの延長として習う人も増え、大人から子供まで通えるポールダンススタジオが、じわじわと増え続けている。

また、ポールダンスの大会も年々盛んになっており、今ホットなダンスのジャンルとして認知されつつある。

そんなポールダンス業界に、王者として君臨するのが小源寺亮太だ。10年前にポールと出会い、2014年と2015年2年連続でポールキングジャパン優勝。

以来さまざまな大会で、王座に輝いてきたカリスマポールダンサーだ。

小源寺のポールダンスの魅力は、男性では珍しい柔軟性から繰り広げられる高度な技と、圧倒的な世界観にある。本人曰く「僕の頭の中は、ファンタジー」。

小さい頃から夢見がち、人と合わすことができない、ちょっと変わった少年だったと言う。頭の中にある非現実的な世界を表現できる手段が、ポールダンスであった。

選曲から振り付け、そして衣装まで、すべてを徹底的に自ら作り上げ、見る者を異世界へと誘う。そんな小源寺を「神」「妖精」と崇めるファンも少なくない。

番組では、小源寺が北アイルランドで開催される由緒あるポールの世界大会に挑む姿に密着。

小源寺の<現実>と<空想>の世界を見つめながら、作品が出来上がっていく過程と共に、まっすぐに貫かれているポールへの想いを描く。

男性ではありますが、どことなく女性の色気をあわせ持つ、小源寺亮太。

顔立ちもとても綺麗で、小源寺亮太さんだったら許せるって感じはします。中性的な雰囲気を持っているので、天職なのかもしれませんね!

スポンサーリンク

ポールダンスの歴史とは?

引用元:http://j.people.com.cn/n/2015/0618/c94657-8908447.html

ポールダンスとは、ダンスおよび体操の一種である。垂直の柱(ポール)を使い、柔軟性や筋力を駆使し、昇り降り・スピン・倒立などの体操的な技を複雑に組み合わせたダンスである。

運動としてのポールの使用は、インドで800年以上の歴史をもつ伝統的なスポーツ「マラカーンブ(英語版)」が最古とされている

これはインドのレスリングの訓練から発達した器械体操の一種で、高さ2.6メートルの木製の柱を用いて行なわれ、ポールマラカーンブ (Pole Mallakhamb) と呼ばれる。

また、1920年代のアメリカ合衆国では、旅芸人がテントの支柱を使ってダンスを伴う曲芸を行ったとされており、1950年代頃には、テントの支柱から現代のようなダンス用のポールへと取って代わり、ポールのパフォーマンスにバーレスクダンスが採用された。

ただし、支柱や棒を用いた曲芸自体はそれより以前から世界各所で行われており、広義の意味ではポールを用いた曲芸自体は存在していたとされる。

記録されている最古のポールダンスは、1968年にアメリカ合衆国オレゴン州に存在したクラブ「Mugwump」でのBelle Junglesによるパフォーマンスである

1980年代以降、ラップダンスなどにダンスポールが広く組み込まれ、1990年代には芸術としてのポールダンスの普及も始まった(モントリオールのシルク・ドゥ・ソレイユなど)。

それ以降、大衆向けの娯楽やエクササイズ、競技スポーツとしても発達を遂げている。

2012年より、スポーツとしてのポールダンスは名前を「ポールスポーツ」と定められ、国際ポールスポーツ連盟 (IPSF)を中心にポールスポーツのオリンピック正式種目入りを目指している。

なお、世界共通資格指導者やコーチの資格があり、関西では特に取得者が多い。岡本雅世が両方保持し、関東ではインストラクターAiが資格を保持し、それに沿った関東初のレッスンを行なっている

ポールの種類

通常のダンス用ポールは筒状のクロムメッキあるいはステンレス製で、床から天井までを天井部と床部の上下で固定する。

天井が高い屋内や屋外では、天井を固定しない持ち運び型のステージポールなどもある。

ポールの直径は片手で楽につかめるよう、4.5センチメートルのものが主流である。

ポールには2つの種類があり、スタティックポール(固定式ポール)とスピニングポール(回転式ポール)がある

スタティックポール(固定式)は、ポール設置部の土台が固定されているタイプとなり、軸がぶれない特性を生かした演技に向き、スピニングポール(回転式ポール)は、ボールベアリングによってポールの回転を生かした演技が可能となる。

また、双方を切り替えられるタイプのポールも存在する。

スポンサーリンク

まとめ

2019年11月10日(日)23時00分~23時30分  情熱大陸【小源寺亮太/ジャパニーズ・ポールキングが誘う、魅惑の景色へようこそ】

男性では珍しい柔軟性から繰り広げられる高度な技と、圧倒的な世界観。

ポールダンス王者・小源寺亮太が表現するのは「僕の頭の中は、ファンタジー」と自ら称する、非現実的な摩訶不思議な世界。

とてもイケメンなのでこれからも益々人気が出てくるでしょうね!

これからも頑張ってください。

最後まで読んで頂きありがとうございます!

スポンサーリンク

関連記事は下を見てね!

シェアする

フォローする

スポンサーリンク