【Nizi Project】山口真子のwikiプロフィールやダンス・歌がハンパない!?

2019年に日本のソニーミュージックと共同でオーディション企画「Niziプロジェクト」

その中で一際目立っていたのが、山口真子さんです。

ダンス・歌共に第1位をJ.P.PARK(パクジニョン)さんからもらっています。

【Nizi Project】山口真子のwikiプロフィールやダンス・歌がハンパない!?と話題になっていますので、調べていきましょう。

一体、山口真子とはどんな人物なんでしょうか?

ぜひご覧下さい!

スポンサーリンク

【Nizi Project】山口真子のwikiプロフィールは?

引用元:https://eweekkorea.com/22773.html

プロフィール

名前      山口真子(やまぐちまこ)

生年月日    2001年

年齢      18歳

出身地     福岡県八女市

JYP日本人練習生(2年7ヶ月目)

男性グループのダンスを見事に披露されています。迫力のあり、カッコイイです。見ていて、感動して泣きそうになりました。

中島美嘉さんの「雪の華」を歌っていましたが、透き通っていて、心を揺さぶられた感情のこもった歌で、聴いていて心地よくなりましたね!

スッキリを見ていたんですが、J.Y.PARK(パクジニョン)氏も「歌に心を細かく、上手く込めることができている」と絶賛していました。

誰よりも練習を怠らない姿勢、諦めない気持ちの強さがにじみ出ています。

本気度がハンパないんです!カッコイイです!!

JYP公開オーディション13期に参加し3,500名の中から見事3位になりJYP練習生になりました。

スポンサーリンク

J.Y.PARK(パクジニョン)の経歴は?

引用元:https://www.otoku-information.club/entry/2019/01/26/003001

1972年 韓国ソウルで生まれる。小学一年生の時に父親の仕事で渡米、二年程ニューヨークに住む。

1992年 グループ「パクジニョンと新世代」でデビュー。しかし、振るわず、いろいろなオーディションを受けるが落選する。

1994年 作曲家キム・ヒョンソクの助けを得たのちソロの歌手として復帰する。この時から早くもメディア戦略の頭角を現していて、当時珍しかったセクシーな衣装をきて注目を浴びた。

1997年 事務所から独立し「テホン企画」(今のJYPエンターテインメント)を設立する。その後、男性アイドルグループ「God」をプロデュースし国民的グループに成長させる。

1999年 結婚する。

2001年 会社名を「JYPエンターテインメント」に変更する。KOSDAQに上場する。

2003年 アメリカに進出し、ロサンゼルスを拠点に活動を開始する。ラッパーのメイスに曲を提供したのを皮切りに、R&B歌手のキャシーやウィル・スミスのプロデュースも手掛けて実績を築く。

日本でも活動し、AISMAPとコラボレーションもした。

2007年 自身の歌手活動を再開する。

2008年 大統領直属諮問機関「未来企画委員会」の民間委員に任命された。

2009年 離婚する。

2013年 一般女性と再婚する。

2015年 日韓台混合ガールズグループTWICEをデビューさせる。

2019年 日本のソニーミュージックと共同でオーディション企画「Niziプロジェクト」を行うことを発表する。

スポンサーリンク

山口真子のダンスがヤバイ!?

ダンステストでは難易度の高い2pmの「I’ll Be Back」を披露したのですが、これが本当にうまかった!!

本物と比較してみても引けを取らないクオリティーです。

比較してみても甲乙つけがたいです。ヤバイですよね?カッコ良すぎじゃないですか?

山口真子さんは絶対売れます!人気者になってくれたら嬉しいですね。

スポンサーリンク

まとめ

2019年に日本のソニーミュージックと共同でオーディション企画「Niziプロジェクト」

その中で一際目立っていたのが、山口真子さんです。

ダンス・歌共に第1位をJ.P.PARK(パクジニョン)さんからもらっています。

【Nizi Project】山口真子のwikiプロフィールやダンス・歌がハンパない!?と話題になっていますので、調べてみました。

これからの活躍が楽しみな1人ですよね。

頑張って頂きたいですね。

最後まで読んで頂きありがとうございます!

スポンサーリンク

関連記事は下を見てね!

シェアする

フォローする

スポンサーリンク